セキュアで、シンプル、だけどスケーラブル

Secure & Simple, but Scalable!

3つの”S”理想的なセキュアコミュニケーションを実現します。

 


OnTalkの強固なセキュリティとは?

それは、海外の政府機関でも採用されるセキュリティレベルの高さです。

①. サービス提供形態 - クラウドだけでなく、オンプレミスも可能
②. エンドツーエンドで通話を暗号化    - 送信側で暗号化し、受信側で復号
③. 暗号化キーを毎回変更 - 暗号化する度に異なった暗号化キーを生成
④. 通話とチャットのログ保存 - もしもの時に備えて!(内部監査などで使用可能)
⑤. OnTalkセキュリティカードで更に強固 - OnTalkをOnTalkセキュリティカードで実行(Common Criteria EAL5取得)
⑥. アクセス権限レベルの設定 - 権限によりWebでのユーザ統合管理も実行可能

ワンタッチで始められる暗号化された通話とチャット

key
OnTalkはワンタッチで使える手軽さでありながら、強固な暗号化を施し、通話やチャット、添付した写真や動画を第3者から守ります。

1対1の通話とチャットはもちろん、グループを作成して最大10名まで参加できるグループ通話(電話会議)や、最大30名まで参加できるグループチャットを行うことも可能です。

OnTalkは、iOSとAndroidのスマートフォンに対応していますので、いつでもどこでも簡単で安全に、組織間/社員間のコミュニケーションを開始できます。

すぐに始められるクラウド/社内でデータ管理できるオンプレミス

cloud

OnTalkは、クラウドとオンプレミスの2種類のサービス提供形態を用意しています。
クラウドは、ご契約後に手間いらずでOnTalkを使い始めることができます。
オンプレミスは、1台のサーバでシンプルなオンプレミス環境を構築するアプライアンスと、バックエンドサーバ環境をご要望に沿った環境で構築できるプレミアムがあります。

またセキュリティを更に強化できるように、使用する暗号化アルゴリズムをカスタマイズできるオプションや、通話とチャットのログ保存機能、OnTalkセキュリティカードライセンスを取り揃えており、クラウドと比べてより柔軟で高度なセキュリティ管理が行えます。

Webブラウザから行うユーザ統合管理

pc
管理者はWebブラウザから、ユーザごとにオンライン電話帳(連絡先リスト)が設定でき、組織内/社内であっても特定の同僚のみが表示されるリストを作成できます。
その他のユーザの統合管理機能として、新規ユーザの作成、機能制限、IDの停止などを管理者が実行するため、万が一、支給/BYODに関わらずデバイスを紛失した場合でも、管理者が即座にユーザアカウントを停止できます。これにより、OnTalk上で行われた情報が外部に漏れる心配がありません。

また管理画面から送信できる一斉メッセージ配信機能もあり、社内に向けてPCからOnTalkユーザへメッセージ+添付資料を一斉に配信することが可能です。

BYODでも問題なし!

BYOD
OnTalkはモバイルデバイスの電話帳を読み込みません。OnTalkは、管理者がWebで設定したオンライン電話帳(連絡先リスト)をサーバから読み込み使用します。個人の携帯電話を業務に使用している場合でも、プライベートの連絡先アプリと完全に独立した、業務専用のコミュニケーションアプリになります。

更に、OnTalk上でやり取りした写真や動画、音声ファイルは、暗号化されモバイルデバイスのフォルダに保存されます。BYODの場合でも、誤ってプライベート連絡先に写真や動画、音声ファイルを送信するリスクがなくなります。

海外拠点と日々のコミュニケーションにも活用

global
OnTalkを使えば、海外拠点や出張者ともスピーディーなコミュニケーションを実現します。OnTalkの通話はデータ通信を使用しますので、海外拠点と連絡をとる際も国際電話を利用する必要がありません。

通話でもチャットでも、国内でのコミュニケーションと同様にワンタッチで使い始めることができます。

災害時など電話がつながりにくくなった時にも安心

saigai
災害など不測の事態が発生した際、一般電話回線は輻輳が発生し、電話が繋がり難くなることがあります。

OnTalkはデータ通信を使い通話やチャットを行いますので、普段の業務だけでなく、緊急時にも使えるバックアップ用コミュニケーションアプリとしてもお使いいただけます。

OnTalkはすでに様々な国で使われています

世界15ヶ国以上で展開されている実績あるOnTalk。
まずは無料トライアルをお試しいただき、3つの"S”を実感ください。