先輩社員紹介File.10

苦労した経験の積み重ねが、営業としての自信につながる。

M.Y
2005年入社
営業部門 エレクトロニクス事業部

大阪大学 経済学部

QUESTION.1

現在の仕事内容

営業として複数顧客を担当しています。
営業なのでやはり何かを売る、というイメージがあるかもしれませんが、「この品目を買いたい!」という具体的な要望より、「こういう課題があって、こういうものを探しているんだけど..」というような相談事が多く、課題解決力が問われる仕事だと感じています。商材は電子デバイスを中心にお客様の要望にあわせて幅広く対応しており、自分の知識だけではカバーできない部分も多い為、上司・同僚・社内外の方々に相談しながら常にベストな提案ができるよう心掛けています。転勤無しのエリア職で、福井の本社を拠点として国内出張は平均週1日程度でコントロールしています。社内デスクワーク:4割、近郊での商談:2割、出張:2割というイメージです。

QUESTION.2

仕事が面白い、
嬉しいと感じるとき

営業にもいろんなスタイルがありますが、自分としては大風呂敷を広げるのは苦手で、地道にコツコツやるタイプだと思います。お客様に認めてもらうには時間がかかりますが、信頼関係が出来上がると次々とお声が掛かるようになり、スケジュール帳が自然と埋まっていくのが楽しみです。以前はガチガチに準備して商談に臨んでいましたが、最近その場の流れで商談をうまく進められている自分に気づき、成長を感じて嬉しかったです。元々人と話すことがあまり得意ではないほうでしたが、思い込みを捨てて挑戦してみたことで、仕事を通じて人間としても成長できたなと実感しています。獲得できた案件が具体的に形になるのも楽しみですが、案外数字として結果が出たころにはすっかり冷めていて、次の案件を追いかけることに夢中になっていたりします。

QUESTION.3

仕事が大変だと感じるとき

完璧主義で細かい事を気にしすぎたり、物事をネガティブに捉えがちなタイプなので、最初の頃は営業としての自分に自信がもてず、苦労しました。営業には攻め(新規提案)と守り(納期調整やトラブル対応)の仕事があるのですが、やはり知識・経験がないと攻めの仕事は腰が引けてしまいます。あと、忙しすぎて余裕がないと守りで精一杯になり、攻めがおろそかになって営業としての成果も出ません。経験・知識が増えてくると少しずつ自分のキャパが広がり、守りもこなしながら攻めに時間を使えるようになります。攻めの仕事に注力できるようになると自然と結果も出るようになり、仕事が楽しくなってきました。仕事と家庭の両立も悩ましい問題ですが、自分がイライラしないことを最優先に多少手抜きしながらバランスを取っています。

QUESTION.4

入社を決めた理由

福井を拠点に、全国規模・海外のビジネスに携われる点です。実際、取引先様のネットワークは国内外の広範囲に及んでおり、一カ所で完結するビジネスも少ないですから、福井だから不利、首都圏だから有利という事も特に無いように感じます。自然に囲まれた豊かな環境で生活しながらのびのびと働く、という理想形を実現できているのは、当社ならではかと思います。福井県は女性が長く働き続ける上で恵まれた条件が整っており、これも大いに助かっています。あと、入社してから分かった事ですが、社内が程よく纏まっていて全員の顔が見える関係性が構築されており、居心地の良い組織だと思います。所属部署に関係なく、困ったことがあると色んな人が親身に相談に乗ってくれます。先輩方にお世話になった分、私も後輩達の力になりたいです。

QUESTION.5

プライベートについて

集中して仕事を終わらせた後は、週2~3回 19:00~20:30で、剣道の稽古に通っています。
長男・次男と一緒に初心者からスタートして2年経ちましたが、思いのほかハマっています。今年は初段を取得したので、次は二段を取るのが目標です。必要最低限の仕事だけ終わらせて残りは持ち越したとしても、道場で大きな声を出して思いっきり体を動かして汗をかくと思考がクリアになり、翌日からポジティブに仕事に取り組めます。休日は、家族で海へ釣りに行ったり、キャンプやスキーなど自然に囲まれた福井県ならではの遊びを満喫しています。平日には出来ないような凝った料理を作るのも好きで、ローストビーフを焼いたり魚をさばいたり、のんびり過ごしています。