興和江守

ご挨拶

興和江守株式会社 代表取締役社長 岩佐大秀の写真

岩佐大秀

世界の人々の自然環境に対する意識が変わってきました。
地球温暖化が懸念されるなか、世界の多くの人々が気候変動に問題意識を持ち始め、SDGsの達成を意識するようになりました。そして企業も変わりつつあります。事業を行い、利益を生み出し、雇用を維持するだけでなく、社会正義を守り、多様性を尊重し、環境を保護し、健康と安全を充実させることが求められているのです。これは、日本人実業家にとって全く新しい考え方ではありません。古来より、商売人は「三方よし」、売り手よし、買い手よし、世間よしを旨に事業を営んでまいりました。創業から百十数年の歴史を持つ興和江守もこの信条を忘れることなく更なる百年に挑戦し、お取引先・従業員・地域社会の幸福のために存在し続けることを誓います。

現在の事業環境は、変化が急激で不確かなことが多く、複雑で曖昧です。
私共のコア事業である「ケミカル」、「テキスタイル」、「エレクトロニクス」は今後も成長を続けてまいります。様々なビジネスチャンスが到来している時代に新しい扉を開くことは、残念ながら過去の成功体験だけではできません。時代の変化に対応し未来に生き残るためには、今あるものを疑い、工夫を加え、時には破壊し、新しい何かを創造するしか事業を持続的に成長させる道はないと信じております。

我々興和江守は、社名を変更し1年以上が経ちました。
チャレンジする進取の精神をモットーとして、「健康と環境」をテーマとする分野で興和グループとますますシナジー効果を発揮してまいりますが、北陸の地に根差し育ってきた私たちの当地に貢献する志に変わりはございません。これまでの私たちの足跡同様、地域の発展に寄与できるリーディングカンパニーとして、従業員一同と歩んでまいる所存です。

2021年12月
興和江守株式会社
代表取締役社長

岩佐大秀の手書きサイン