エール

超売り手市場の中で

このところ新卒採用市場は「超売り手市場」と言われ、企業側は大苦戦、学生側は大楽勝、という構図になっています。もちろん企業にも学生にも二極化があり、局所局所では違った様相がありますので、一概に学生のみなさんにとって「有利」とは言えないかも知れません。

簡単に内定がとれ、企業研究が不足している、とか、職業意識醸成がされづらい、という指摘もあり、新規学卒者の3割が3年で退職するという傾向も続いています。どうすればミスマッチがなくなるか。いろいろな努力がされていますが、誤解を恐れず私見を言わせていただければ、ミスマッチがなくなることはないと思っています。

なぜなら会社は入ってみないと絶対にわからないし、仕事はしてみないと絶対にわからないからです。人の「潜在能力」や「可能性」は否定しませんが、社会に出る前に「私にはこんな職業能力がある」とか「私にはこんな適性がある」ということを把握できている人はまずいません。

結局就活には「正解」というものは無いんだと思います。就職にも採用にも「正解」は無い、正解は無いけど選ばなくてはいけないのが「就職」であり「採用」なんだと思います。そして、そこで必要なのは「自分なりの基準」と「覚悟」ではないかと思います。

いいことばかりを載せた情報を鵜呑みにしない。世間の評判、就活生のウワサもアテにならないものが多いから必ず自分の目で確かめる。そのためには実際会って直接話を聴く。心を開いて本音で話をする。最後は自分の知性と感性を信じて勇気を持って決める。そして決めたら後悔はしない。

就活はこうあって欲しいと思いますが、実はこれって結婚相手を決める時と同じで、全部採用する企業側にも必要なことです。企業と学生の立場は対等です。お互いを尊重し合い、実のあるコミュニケーションができるよう努力したい。そしていい出会いをつくりたいと心から思います。

採用担当採用担当

左から 圓道、加藤、酒井

企業も学生も「数」を追うべきではないと思います。大事な人生のパートナー選びで数をこなそうとするようなことは不幸のもとになりがちです。持ち駒はお互い「少数精鋭」であって欲しい。

引き続き超売り手市場が予想される2019卒採用ですので、採用競争が過熱して、企業側の対応で色々な問題が起きるかも知れません。新卒一括採用の是非を問う声も大きくなりそうです。でも多くの企業は真剣に若い人材を求めており、新卒一括採用にもいいところが多々あると私は思っています。

就職活動はみなさんにとって初めてのことであり、企業側にクローズされた部分が多いですから不安はあるでしょう。しかし重ねて言いますが自分を信じて自分らしい就職活動を貫けば良き出会いがあり、良きご縁が生まれると私は信じています。

頑張ってください。

人事部長
酒井 宏政