先輩社員紹介File.07

『「社会が動く」と実感できる瞬間』があり、たまらない。痺れます

M.R
2015年入社
営業部門 エレクトロニクス事業部

慶應義塾大学 商学部

QUESTION.1

現在の仕事内容

電子材料をメインで取り扱う部署で営業をしています。まず、「電子材料」が何か分からないと思います。私も配属された当初は、「何それ?」って感じでした。「電子材料」とは、「電子部品」などの材料を指します。そう、「電子部品」もなかなか馴染みないんですよね(笑)。でも、実は皆さん必ずお世話になっています。スマートフォンやウォークマンにも入ってる極小部品のことなんですが、これの製造に用いられるものを商品として仕入れ、電子部品メーカーに販売しています。どんな商品を取り扱っているのかというと、化学薬品から梱包材まで本当に多種多様で紹介しきれません。「専門的すぎて分からない・・・」と不安に思うかもしれませんが、仕事を始めれば何とかなるので気にしなくて大丈夫です(笑)。むしろ素人であることが武器だと思っています。知ることを楽しんで!

QUESTION.2

仕事が面白い、
嬉しいと感じるとき

まず、『日々先端企業と濃密な付き合いができる』ことが嬉しいです。仕事を通じ、広く業界の、延いては社会的な課題が見えてきます。将来、取り組むべきテーマが徐々に具体的になってくるので飽きません。また、「良い仕事」をする為には、「組織の在り方」も大事かと思いますが、この点でも学ぶことが多い。顧客や仕入先と付き合いながら、その管理体制を自社に取り入れようと考えると面白いです。あとは、『「社会が動く」と実感できる瞬間』があり、これもたまらない。世界的に影響力のある会社が、自分の提案に耳を傾けて下さるんですよ?痺れます(笑)。最後に、ふと『「会社が好きだ」と感じる瞬間』ですね。気が付けば、仕事について語れる先輩がいて、可愛い後輩が増えて。勿論、衝突することもありますが、少しずつ人間的にも成長できてるかなあと。

QUESTION.3

仕事が大変だと感じるとき

『ノーブランド』『ゲートバイヤー』の『ゼネラリスト』という点で、基本的にハードモードです。この業界には顧客・仕入先共に大規模なプレイヤーが多く、当社の『ブランド力』は無いに等しい。その中で、「自分がいなきゃこのビジネスは回んねえんだ!」と思えるまで存在意義を突き詰めてアピールし、各社と協力体制を築く必要があります。また、『ゲートバイヤー』と表現しましたが、当社は比較的顧客に近い立場で仕事をしており、顧客主体で話が進むことも。それでも、「言われた通りにやる」のではでなく、持続可能な供給体制に仕上がるよう意見し調整しなければなりません。最後に、電子材料として多種多様の商品を取り扱いますが、各メーカーの『スペシャリスト』と交渉できる『ゼネラリスト』になる必要があるんです。営業の腕の見せ所満載です!

QUESTION.4

入社を決めた理由

『地域密着型の老舗企業』『積極的なグローバル戦略』『少数精鋭』。これらの謳い文句に惹かれて入社しました。まず、営業として、商品知識を身に付けるだけでなく、「ものづくり」全体の苦労や課題を知りたいと思っていました。当社は、『老舗企業』として顧客との付き合いが深く、製造の現場により近いところで働けていると感じます。それから、『グローバル戦略』。やっぱり、いずれは仕事を通じて、世界規模の課題にチャレンジしたいと考えていました。現在、海外勤務の機会に恵まれているだけでなく、先端企業と取引させて頂く中で、将来取り組むべきテーマを煮詰めることもできています。また、「習うより慣れろ」ってタイプでしたので、『少数精鋭』は大変有り難いですね(笑)。早いうちから、任せられる仕事も多く、その幅も広いと思います。

QUESTION.5

プライベートについて

好奇心旺盛で活動的な反面、計画性に欠く性格で、良くも悪くも仕事に向き合う態度と大差ないです(笑)。N社の社長の趣味が水泳だと聞けば、真似て水泳を始め、失恋して歌詞が傷口に沁みると思えば、オーケストラに興味を持ちビオラを習い始める。珈琲を淹れてたって、ドリッパーの珈琲豆が地層に見えてくる。それで、美味しい珈琲の為に地理学に触れたりと、興味の幅を広げるのが好きですが、どれもこれも身についてはいません(笑)。休日は専ら読書して過ごします。素敵な人の本を読んで、その考え方に触れ、自分の中に取り入れるよう努めています。この頃は買い物も好きになりました。今は時計が欲しい。終業後はよく会社の人と飲みに出かけますね。強制じゃないよ(笑)。みんなと少し羽目を外している時間は最高です!